KODAIRA
 

Funky Squad Remixes / Karafuto

5.2008

Karafuto

1990年代初頭にそのDJとしてのキャリアをスタートさせて以来、自由 で鮮やかな感覚によってテクノというフィールドにおけるまったく新し い地平を常に切り拓いてきた唯一無二の存在。その自由で独創性に 満ちた感覚は、彼が自らオーガナイズするパーティ「CHaOS」を始め とした国内外での精力的なDJとしての活動やFUMIYA TANAKA、 KARAFUTO、INDIVIDUAL ORCHESTRAといった名義の下に行 っているプロダクションワークなどにおいても等しく息づいている。 特に近年の彼のDJにおける、作為的で予定調和的な要素を徹底して 排除し、その場でしか発生し得ない自発的な空気と強烈なグルーヴ のうねりを誘発させるというシンプルで明確な意識を伴ったプレイは かつてどのDJも成し得なかったであろう表現の高みに到達しつつあ るものと言っても決して過言ではない。 1993年に立ち上げられた田中フミヤ自身のセルフレーベル TOREMA RECORDSも既に10周年を数え、2005年春には半野喜 弘(Cirque/Logistic records)との共同運営となる新レーベル op.discもスタート。 2007年夏には田中フミヤ名義としては5年ぶりとなる最新のミックス CD[mur mur]に加え、選曲基準やその場の空気感などDJプレイ中 に田中フミヤが考えていることを本人のスピーチとしてリアルタイムに レコーディングした画期的かつ革新的なDVD作品[via]をリリース。さ らには半野喜弘とのユニット・DARTRIIX名義でop.discからもアル バム[DARTRIIX]をリリース。

d'Kawa (Yoshihiro Arikawa)  more info

サンプリングボイスを巧みに使ったトラックを制作するプロデューサー。 2003年、PetetokとともにKodaira Tracksを立ち上げ、キャリアをスタート。同レーベルよりリリースされたKurokin EP, Down Under EP, Nine EPは、ヨーロッパを中心に海外で高く評価されており、DJ RushやRicky MontanariのミックスCDにライセンスされている。また2006年にはフランスのLogistic Recordsからも12インチをリリース。今後もKodaira Tracksを中心にリリースが控えている。

Toni Vokado

marco z.k., born in croatia, now living in austria, began quite early to define music in good or bad. with 15 years he started to spin the wheels of steals in austrians legendary nova club, which was a base for his future working as a musician. besides his activity as a dj, which brought him abroad, too, toniユs interest for producing grew. after buying some hardware he realized that heユs more into the software stuff, and still toniユs productions exist of several software and controllers. at a time where techno was clear defined he got influenced by acts like adam beyer, marco carola, josh wink, plastikman, but also from artists like denki groove and the advent. 2002 he got his first feedback for several years of hard work, he released his remix of dj rushユs メget on up remixes epモ together with umek and chris liebing on the london based label pro-jex under the synonym marco klacid. after that release it got quiet around toni, as he set his priority on starting a family until he published a remix for shiroko tengai, followed by his debut ep audio- worker on monika kruseユs second label electric avenue recordings. the feedback for his first ep was amazing. acts like richie hawtin, ricardo villalobos or magda rated it very high in their top-ten records and played it throughout the whole world. at this point he decided stop djing and henceforth be a strict live-act. in 2005 vokado met the label owner, producer and dj yossi 確moyal with whom he started the freiluft project and released the infront ep on safari electronique, france. a new toni vokado ep on electric avenue recordings followed in 2006 with the title um die eigene achse which got great reviews from german maga- zines as groove or raveline. at the beginning of 2007 toni vokado became a member of the family affairs booking agency existing of artists as john aquaviva, monika kruse and karotte, just to mention a few of them. his live-sets are marked by pumpinユ, deep grooving baselines which makes it nearly impossible for everyone to stand still. he always knows how to bring it to the top and take it even a step further. in the future he planed new projects with several artist, an own album and releases on different labels as sushitech, stockholmaudio recordings, and, of course, electric avenue recordings.

Petetok  more info

H. Nakajima aka Petetok。1978年生まれ、東京在住。ケルンのミニマルテクノや日本のクラブシーンに影響を受け、2002年より音楽制作をスタートし、2003年にはd'KawaとともにKodaira Tracksを設立。2枚目のリリースとなったHAND EP Todd Sines RemixはSwayzakがセレクトしたコンピレーションCDに収録された。独特の感性を有し、オリジナリティーあるミニマルテクノを制作する。

KODAIRA TRACKS